読書の記録
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
188 凶悪 ある死刑囚の告発
読んだ。
この本は職場の方に薦められて読んだ。
自分ではすすんで読まない本だから、
新しい出会いのようで楽しい。

この本は死刑囚が娑婆でのうのうとしている
殺人者を告発する過程を描いている。

著者は新潮社の記者のようだけど、
彼のフィルターを通じて、死刑囚や死刑囚にかかわる犯罪、
娑婆のA氏などが語られる。

その手口は今の社会でそれがまかり通るのかと
不思議なくらいで、それでも今まで自殺や病死で片付けられていて、
ほんとに怖いなと思う。
 comments(0) -
スポンサーサイト
- - -
Comment








<< NEW | TOP | OLD>>