読書の記録
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
186 超訳百人一首 うた恋い。2
読んだ。
表紙は在原業平、小野小町、文屋康秀ですね。
私がこの漫画を知ったきっかけはたまたま見たアニメなんですが、
そこで在原業平が諏訪部順一だったからでしょうかね。
平安のイケメンまでかっさらうのかよ!とツッコミました。

中身もこの三人含む、六歌仙のお話でした。
まだ3巻は読んでないですが、2巻が一番好きかもと思いました。

まず在原業平は存在が好きです。
授業で扱われていた時から好きでした。
かきつばたって在原業平だよね?
個人的になりーと読んでました(笑)

文屋康秀はプロフィール的に好きでした。
最後に三河に行くところも好感をもったよw

小野小町はお兄さまとのお話で好きになりました。
というか、最後まで小野小町の話って知らなくて、
最後のところでえぇぇぇ?ってなりました。
同人誌かよっとツッコミました。

この三人の出会いの話も素敵だったけど、
年をとってからの話も素敵だった。

最後まで読んで裏表紙見てん?ってなって、
めくってみたら小野小町の手を握ってたのが
僧正遍昭でとてつもなく萌えました。
漫画 comments(0) -
スポンサーサイト
- - -
Comment








<< NEW | TOP | OLD>>