読書の記録
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
160 オツベルと笑う水曜日
読んだ。
デュラララ以外でこの人の本を読むのは初めてでした。

オツベルと象のコンビ、なかなか楽しかったけど誰主軸で話が進むのか
結構理解するのに時間がかかったよー。

この人の作風のようなものを群像劇というのを初めて知った。
確かにデュラララの方も主人公になかなか気づけずでしたからね。

わかりやすく出てきた遊馬崎さんに笑ってしまった。
小説 comments(0) -
スポンサーサイト
- - -
Comment








<< NEW | TOP | OLD>>